ホリデー農園08

土を耕し収穫の喜びをわかち合う!

<ホームに戻る>            <09年1月01日更新>

農園日記07はこちらへ

平成20年度のホリディー農園の受付が始まりました。 詳しくは、0749-85-5557まで!

(農 園 日 記)

12月30日

 恒例のお餅つき。O建具屋さんのおばあちゃんやALTのJ先生のお手伝いを得て、NPO法人「花と観音の里」のお鏡さんを作リました。餅米は雨森地先で栽培をした滋賀羽二重。

 一度に2升つき、4分6に取り分けてOおばあちゃんが下の大きなお餅を、Tさんが上の少し小さなお餅を丸めていきます。今年一年間に感謝をし、来年の繁栄と皆さんのご健康を願いながらの作業です。

 最後の一臼はみんなで美味しく頂きました。左側は、柚子の葉をいっしょに引いた柚子きな粉。柚子の香りときな粉の風味が食欲をそそります。右側は、おろし餅。雪をかぶった畑の大根の甘味とポン酢の爽やかさが餅の喉ごしをスッキリとさせます。モウー幾つでも食べられちゃいますね!地産地消の上を行く自産自消です。

 出来上がったお鏡さんは事務局のサンレイバーに飾りました。
ミカンの代わりに芳洲先生ゆかりの橘を飾り、注連飾りも滋賀
羽二重の餅ワラを使って作ってみました。お神酒は、じばさん
商会で開発中の「善隣友好」本年は、朝鮮通信使ゆかりのまち
交流大会が、高月町で開催されます。

11月29日

 夕市組合の収穫感謝祭が開催され、NPO法人で栽培した餅米滋賀羽二重を使って餅つきを行いました。

 また、京都大学大学院の皆さまがNPO法人による市民農園の取り組みについて視察に来られました。

 夕市組合の収穫感謝祭で高月町の産直の取り組みについても視察されました。

 尚、残った餅米は1升約1.5キロ700円でご希望の方にお分けしています。苗代や耕作賃に充当していきます。

10月4日

 雨森で田んぼをお借りしてもち米を栽培して二年目。今年はお天気も良く実りの多い刈り取りとなりました。

 コンバインの威力はすごいもので、約二十分程度で刈り取りが終わり、シューターを使って軽トラの荷台の入れ物にお米が積み込まれます。

 残ったもちワラは、注連飾り用に持って帰りました。鏡餅と注連飾り、もう幾つ寝るとお正月?!

9月5日

 こども達が掘った後にもまだまだお芋があり、次の耕作のため全部掘り起こすことになりました。

 段ボールに約20ケースものサツマ芋が収穫され、湖北町の水鳥ステーションで販売していただくようにお願いしました。

 中でも形の良いサツマ芋と、大きなカボチャは収穫の感謝のしるしとしてサンレイバーの玄関の屋台に飾られました。

 6日の夕市で、ふかし芋として皆さんに味わっていただきました。おいしいね!と大好評でした。

9月3日、4日

 高月幼稚園のこども達、6クラス約150名が2日間に分かれてホリディ農園のサツマ芋掘りを行いました。

 5月中旬にNPO法人の会員達が200本の芋苗を植えたもので、幼稚園、保育園のこども達の農業体験の一つとして昨年より続けられています。

 一人一株づつ、ちいさなスコップで土を掘っていきます。

 ヨイコラショと引っぱると大きなお芋が出てきます。

 一人3個づつお家に持って帰り、あとは、幼稚園で焼き芋にしてみんなで食べるそうです。

 顔より大きなお芋がたくさん収穫できました。NPO法人のおじさんたちも、こども達と一緒になって収穫しました。

 クラスごとの記念写真を撮りました。大きくなったらこの写真を見て、次の世代へのまちづくり、地域活動に積極的に取り組んで欲しいものです。

8月31日

 9月3日、4日に高月幼稚園のこども達がホリディ農園に芋掘にやって来る。草やツルを刈り取って芋掘りが出来るように畑の整備を行った。

 早朝より残暑の厳しい中での作業で、村井さん、立見さんも汗びっしょり。こんなに立派なお芋がたくさん取れます。こども達の喜ぶ顔が楽しみですね!

8月19日

 サツマ芋の成長を確認するための試し掘りをしました。二株掘ってこれだけの芋が出てきました。もう充分に成長しています。

 ついでに芋のツルを取ってきました。

 さっそくハンペンと一緒に炊いてみました。美味しい芋じくの煮物の出来上がりです。

8月09日

 スイカ畑にはまだたくさんのスイカが残っていたので、夕市で販売しようと軽トラ二台約三百個のスイカを収穫しました。

 夕市会場では大きさにより四百円、三百円で販売。試食用も用意しましたが、冷やしていないので熱々のスイカでした。残りは、湖北町の水鳥ステーションに販売をお願いしました。

8月03日

 いよいよ観音まつりの日がやってきました。早朝より、販売用のスイカを収穫しました。

 渡岸寺観音堂の境内に屋台を持ち込んで、黄マクワ150円、小玉スイカ400円で販売。多くのお客様で賑わいました。

 JR高月駅前でも臨時店舗を開設。スイカを持って帰られないお客様には氷スイカを味わっていただこうと1杯250円で販売。甘くて冷たくて美味しいと大好評でした。

 適度な大きさにカットしたスイカに氷をかき、みぞれ蜜をかけて氷スイカが完成。

7月27日

 トウモロコシの毛が茶色くなってきたのでもうそろそろ収穫時ではと思い約60本収穫してみました。

 色つきも良く大鍋で湯がいて関係者の皆さんに味わっていただきました。甘味も充分で美味しくいただきました。

7月23日

 連日の猛暑や局地的な豪雨でスイカがだいぶん弱ってきました。やむなく2回目の消毒をする事になりました。

7月22日

 農園の黄マクワが収穫時期を迎えたので、朝7時から取り入れを行った。1番取りとのことで、20個ほどの収穫でした。

 さっそく割って食べて見ると甘い香りが口中に充満してウンーム美味しい、の一言。ご希望の方は、滋賀銀行高月支店東側のよろずや仁王門で100円から150円程度で販売しています。数に限りがありますので前もって電話でお問い合わせを!0749-85-4443「よろずや仁王門」

7月05日

 うだるような暑さの土曜日、農園部隊のメンバーが集合。

 数日前からスイカが少し大きくなってきたと喜んでいたら、カラスに突かれて穴だらけになってしまった。これは大変と皆でカラス除けの糸張りをする事になった。

 竹のクイをさして黄色と銀糸が交じった糸をスイカ畑一面に張り巡らす。合わせてスイカの実の状態により収穫時期を逃さない為に目印の竹を挿してまわった。

 先日まで雨が続いて、うどん粉病等が発生しやすくなっているので消毒剤をまきました。

 隣りのジャガイモ畑は収穫期を迎えたので、芋掘りを行った。まずまずの収穫で、美味しい新ジャガをいただけることになった。

7月01日

 サツマ芋の苗も大きく成長し、畝一杯にツルが広がりました。これから地面の下では芋が順調に育ってくれるでしよう。

 ミニトマトもま赤に色づき、一つつまんで食べて見ると甘くて美味しい!

 スイカもテニスボール大の実が付き始めました。これからは病気が出ないように、カラスに突かれないように注意が肝心です。

6月27日

 巨大カボチャのツルも2Mぐらい伸び、大きな花が咲きだした。中には、実が付きだしました。

 貸し農園でも、オーナーさんが早朝や夕方に畑のお世話にやって来られます。胡瓜、トマト、ズッキーニ、トウモロコシ、里芋等々。

6月14日

 スイカのツルが伸びてきたので、下藁を敷く作業を行った。先ずは土寄せをするのにクワでは仕事がはかどらないとで、中川代表自ら、ユンボを使っての作業となった。

 土が寄せられたので、黒マルチを敷き、藁を並べてスイカのツルが巻き付きやすいように敷き広げる。上から藁が飛ばされないように紐で押さえる。今日は、メンバーの出席が悪く作業がはかどらなかったので、明日も午前中この作業を続けることになった。

 ワラ敷きとともにツルの選定を行った。1株当たり6本程度のツルに仕立て又芽を摘んでいきます。8月には甘いスイカが食べられるでしょう!

6月13日

 農園ではトマトが少しずつ実がつき始めました。これからお天気が良くなって温度が上がると赤く色付き始めます。

 コンテスト用のカボチャも日に日に生長し、ツルが1M程伸びてきました。来週は、追肥をして下ワラを敷く作業に入ります。

6月01日

 ホリデー農園の四組目の耕作者が農作業にやって来られました。折りたたみのスコップや野菜苗等を持ってJRの電車に乗っての来園です。トマト、シシトウ、ナス等を植えられました。来週も作業を楽しみにやって来ますとのことでした。

5月30日

 農園のジャガイモに花が咲き出しました。ジャガイモの花はすぐにつまんでしまえと言われたので、咲きだすはたからちぎっています。栄養が芋にまわるようにとのことです?

5月25日

 今年もモチ米(滋賀羽二重)の田植えが行われました。去年は大豊作で約700平米の田んぼで4俵の収穫がありました。今年はどの位か楽しみですね!

 種蒔から約3週間。トウモロコシ、落花生の苗が生長しました。

 さっそくの農園に定植しました。9月には美味しいトウモロコシが食べられるでしょう。

5月17日

 スイカ、マクワ、サツマ芋の植え付け作業が始まりました。

 サツマ芋は、200本、小玉スイカは、80本。虎マクワ15本、黄マクワ15本を植えました。

去年より12日遅れの植え付けで、8月の観音まつりに収穫が間に合うかすこし心配です。

5月11日

 種蒔から12日目、巨大カボチャ、アトランティックジャイアントの苗を農園に植え付けた。何キロぐらいのカボチャが取れるのか?楽しみだ!

4月29日

 ホリデー農園に植え付けられるカボチャ、トウモロコシ、落花生等の種蒔が始まった。

 ホリデー農園をお借りいただいた方も野菜の植え付けを始めらた。

4月21日

 ホリデイ農園の割り付けができました。1区画が約36平米、現在4区画が登録されました。

4月09日

 昨年に蒔いておいた菜の花が少しづつ咲きだしました。米の後地でしたので、肥料足らなくて成長が遅いようです。もう10日もすれば黄色い絨毯のような風景が観られるでしょう。

4月5日

 いよいよ20年度の農園事業の開始です。スイカやサツマ芋、ホリデー農園等の農地の耕作に入りました。冬の間眠っていた大地が掘り返されます。土の中からみみずや虫たちが現れ、それを食べに鳥達がトラクターの後をついて歩きます。