NPOによる市民農園の取り組み

<ホームに戻る>            <08年11月30日更新>

11月29日

 京都大学大学院の2名の方がNPO法人による市民農園の取り組みについて視察研修にお見えになりました。法人の設立から事業についての説明を行い、高月町の農業の基礎データー等の資料をお渡しして、今後の市民農園の取り組みについての意見交換を行いました。

 その後、ホリディー農園の現場に行きその取り組みを見ていただきました。

 畑の方は冬野菜の時期で、蕪や大根、キャベツ、白菜等が栽培されています。

 この日は、夕市の収穫感謝祭が開催されていたので、産直の様子を視察いただきました。中川代表も交えて温かい豚汁を召し上がっていただきながら意見交換を進めました