高月町中心市街地活性化への取り組み

<ホームに戻る>            <09年03月23日更新>

03月07日
 高月町における中心市街地活性化の事業提案等の中間報告会が
サンレイバーにて開催された。まずは、事務局の井口さんから活
性化協議会の取り組み状況や合意形成事業の経過報告を行った。
 会場には、商工会やNPO法人、自治会、議会、行政等の関係
者が出席して、中心市街地活性化に向けての動きを確認し、それ
ぞれの団体での取り組みを考える機会にと聞き入っていた。
 関連事業の提案として商工会の中井副会長からは、TMO構想に取
り組んでいた経験を活かした「屋台村構想」への取り組みを説明さ
れた。
 NPO法人の中川副代表は、旧駅前の商店街の空き店舗活用を
もう一度整理継続しながら地域の活性化を進めようと語った。
 役場職員の北村さんは、高月町を代表するキャラクターをつくり
を通して、地域の多くの人たちがまちづくりに興味を持ち、関わっ
てくれるようなソフト事業をやってみましょうと呼びかけた。
 その他、いくつかの提案もありアドバイザーの方々との質疑応答
も行われた。今後は、事業認定に向けて活性化協議会では、秋ごろ
までに事業計画をまとめる予定。

02月11日
 NPOへの宿題となっていた活性化プロジェクトの整理を、発表
する日がやってきた。中川代表理事は、前回の皆さんのご意見をま
とめてみましたが大切なことは誰が実行するのか?と言うことでと
プロジェクトの内容よりも活性化へ向けての熱い持論を展開させた。
 それではフォローをと中川、中井の二名の副代表がマイクを握る。
共に個性溢れるまちづくり人間、それぞれの持論を語りフォローには
ならない発表となった。その後も、山岡前代表、武田広報担当理事も
日頃の想いをぶち上げる白熱戦となりグループワークの進行に支障が
出る結果となり翌日にまたまた宿題をいただくハメになりました。

02月07日
 前回の活性化プロジェクトの提案を整理し、より具体化した
提案となるようにNPOのメンバーで企画会議が行われました。
テーブル一杯に資料を広げて夜遅くまでの議論が繰り返された。

01月31日
 昨日、今日の二日間、現地勉強会と意見交換会が役場三階の
会議室で行われました。市街地利用者のアンケート結果の報告
や、活性化に向けたプロジェクト提案のグループワークが進め
られました。
 活性化プロジェクトは、三つの班に分かれてそれぞれの立場
から事業プランを検討し発表された。

12月12日
 昨夜のお酒が少し残ってはいるものの、地元区長、商工者、観光
協会、女性部、NPO等の関係者が役場に集まって活性化について
の意見交換が行われた。

12月11日
 中心市街地活性化に向けての関係者間の合意形成手法等調査事業
として、ハーツ環境デザインの鈴木さんやソフトクリエイションの
渡辺さん等が高月町にお見えになりました。先ずは、懇親を深めな
がらまちづくり談義を進めよとサンレイバーにて夕食会が開かれた。
 日本海の幸たっぷりのお鍋と、鮒のこまぶし、鮎のなれ寿司、
ハスの子の佃煮、高月菜のお漬物等々の湖北地域の味覚を地元山岡
酒造さんの初しぼりと白露酒で味わっていただいた。

11月23日
 第4回まちづくり学楽がサン・レイバーにて開催されました。
今回は中心市街地活性化に向けた学習をかねて、速水事務局長の
指導のもと、高月らしさについてのグループワークを進めました。
 
 先ずは、中心市街地活性化協議会の取り組み状況や住民アン
ケートについての説明を受ける。
 
 その後、4つのグループに分かれてカードに高月らしい物や風景
資源等を書き込む。
 
 書き込んだカードを別のグループに渡して形のあるものと無い
ものに分けて行く。
 
 また、別のグループに渡して金、銀、銅の価値を付けて分類。
 また別のグループに渡して金の中のナンバーワン、銀の中の
ナンバーワン、銅の中のナンバーワンを選び出す。
 最後に各グループごとに作業の経過や感想を述べて、皆で今日
の学楽の意義を共有しました。
 最後の報告された高月らしさをまとめてみると、形のあるもの
では、観音の里、古保利古墳群、景観、田園風景が多く、形のな
いものでは、元気、人情味、信仰心、豊かさ等が選択された。