NPOによるまちづくり

<ホームに戻る>            <09年03月03日更新>

2009年3月3日

 農業を中心にむらづくりを考えて実施されている岐阜県の輪之内町むらづくり塾のメンバー23名が、NPO法人による地域づくりについて研修に来られました。

 むらづくり塾は農業者を中心とした団体で、農地、水環境事業や物産の開発、紫陽花の植樹等農村の環境保全等にも力を入れておられます。

 NPO法人で取組んでいるホリディー農園や認定花壇等の説明を速水事務局長が行い、じばさん商会での特産品開発や夕市組合の事業等についての質疑も行われました。

 資料とともに、お茶菓子として夕市組合の大森さんの手焼きのかきもちが、新聞紙で作った袋に入れられて配られました。皆さんからは、懐かしくて美味しい味ですと喜んでいただきました。

 約1時間30分のお出会いでしたが、地域は違っても、共に自分たちのまちの環境や産業を見つめ直し、よりよいむらづくり、まちづくりを進めようとの心は同じでした。

 バスに乗られて、お昼は長浜市の黒壁さんの近くの「浜いち」さんで。その後、ヤンマーの伊吹工場を視察されてお帰りとのことでした。